online store コンテンツにスキップ
5,980円以上ご購入で全品10%OFF! 新学期応援キャンペーン開催中! ~4/24(水)13:59まで!
5,980円以上ご購入で全品10%OFF! 新学期応援キャンペーン開催中! ~4/24(水)13:59まで!

レッスンバッグの選び方決定版!男の子・女の子別おすすめバッグ10選

入園・入学の際に準備が必要となるレッスンバッグ。通園・通学時以外にも、習い事などで使用するお子さんも多いですよね。でも、いざ購入しようとしても「どのくらいのサイズがいいんだろう」「素材やデザインを選ぶポイントは?」などのお悩みを抱える親御さんも多いのではないでしょうか。

レッスンバッグは、デザインだけでなく機能面からもチェックすべきポイントがいくつかあります。そこでこの記事では、レッスンバッグを選ぶ際のポイントと、おすすめのレッスンバッグをご紹介。男の子向け・女の子向けそれぞれのおすすめ商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

レッスンバッグってどんなバッグ?

レッスンバッグとは、幼稚園や保育園、小学校くらいの子供が使う、通園バッグやランドセルに入りきらない物を入れるためのバッグのこと。園や学校以外でも、塾やそろばん、ピアノなどの習い事用にも使用できます。

一般的にレッスンバッグといえば、手提げタイプで、A4サイズのものを横に入れても余裕があるくらいの大きさのものを指します。

 

レッスンバッグには何を入れるの?

レッスンバッグに入れるものはその時々によって変わりますが、幼稚園や保育園では主に以下のようなものを入れることが多いです。

  • 着替えやタオル類
  • 汚れた衣類
  • 絵本
  • 工作したもの
  • スモック
  • オムツ

小学校では、図工の道具や制作物、体操服、図書館で借りた本などを入れることが多いでしょう。特に夏休みや冬休み前後には持ち運ぶものが多いため、レッスンバッグは必要不可欠です。

レッスンバッグは素材や機能性もさまざま

ひと口にレッスンバッグと言っても、使われている素材や機能性もさまざま。素材で言えば、キルティング生地やコットン生地、ナイロン生地などが挙げられます。形は王道の手提げタイプの他にも、肩掛けできるタイプや斜め掛けできるタイプもありますし、はっ水加工が施されているものや内外のポケットなどの機能性が充実しているものまで、多種多様です。

レッスンバッグの選び方

レッスンバッグを選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

基本は縦30×横40cm!サイズ選びで失敗しないよう注意しよう

幼稚園や小学校で使用するレッスンバッグの基本的な大きさは、縦30cm×横40cmくらい。小さな子供でも運べる大きさで、なおかつ必要なものがきちんと収まります。お道具箱など大きな荷物を運ぶ場合は、マチの有無も確認しましょう。

また、小学校で使う場合はバッグ自体の大きさの他に、持ち手も含めた長さも重要になります。学校の机に付いているフックに掛けることを考慮すると、バッグが床につかない長さに収める必要があるためです。

小学一年生の机のフックの高さは約40cmちょっとなので、レッスンバッグをフックに掛けた時の全体の高さが40cmに収まれば、床につくことなく使えるでしょう。中には、フックに掛ける時に使用するための短いループが付いている商品もあります。

素材は使うシーンに合わせて選ぼう

レッスンバッグの定番の素材はキルティングですが、その他の素材でできたレッスンバッグもあります。それぞれ適したシーンが異なるので、使用目的に合わせて選びましょう。

【キルティング素材】

キルティング素材のメリットは、耐久性とクッション性に優れている点です。生地に厚みがあって重たいものを入れても破れにくく、中綿が入っているためクッション性があり、荷物を衝撃から守ってくれます。通園・通学のサブバッグにぴったり。デメリットとしては、防水性がなく、汚れやすいことが挙げられます。

【ポリエステル・ナイロン】

ポリエステル・ナイロン素材のレッスンバッグのメリットは、汚れに強く、防水性に優れていること。生地が薄手なので、かさばらない点も魅力です。多少悪天候の日でも中の荷物を汚さずに持ち運びできますが、1枚布の場合は強度が物足りないと感じる場合もあるかもしれません。習い事のためバッグや、移動教室用バッグとして使うのがおすすめです。

【撥水加工が施されているタイプもある】

ベースが綿素材であっても、水を弾くはっ水加工や、PVC加工(ビニールコーティング)が施されているものもあります。雨濡れや汚れ対策もしたい場合は、このタイプもチェックしてみてはいかがでしょうか。

機能性もしっかりチェック

レッスンバッグは子供が日常使用する鞄なので、使いやすさや機能性もしっかりチェックしましょう。

①開口部はオープン?ファスナー・ボタン付き?

一般的なレッスンバッグは、荷物の出し入れのしやすさからオープンスタイルになったものが多いです。もちろん出し入れだけを考えると便利なのですが、ちょっとした衝撃で荷物を落としてしまう可能性も。開口部にファスナーやボタンが付いたものであれば、落下や紛失のリスクを軽減できる上、プライバシーの観点からも安心して使うことができます。

どちらも良い点はあるので、例えば幼稚園や小学校低学年のうちは出し入れしやすいオープンタイプを、プライバシーが気になりだす小学校高学年になったらファスナー付きを選ぶなど、使い分けてもいいかもしれません。

②手提げタイプ?ショルダー兼用の2WAYタイプ?

小学生になると、特に長い休みの前後など重い荷物を運ばなくてはならない時もありますよね。そんな時は、斜め掛けできるショルダーベルトが付いた2WAYタイプがおすすめです。斜め掛けすれば体で重さを支えられるので、重い荷物の持ち運びがグンと楽に。取り外しできるタイプなら、邪魔にならず使い分けられて便利です。

③ネームタグや内外ポケットもチェック

幼稚園や保育園、学校では私物には記名するのが基本。あらかじめネームタグが付いていれば、記名する場所に悩まずに済みます。プライバシー保護の観点から、内側にネームタグが付けられたものもあります。

また、バッグの内側や外側にポケットが付いていれば、ティッシュなどの小さな物を入れられて便利。バッグの中で小物が迷子になってしまうことは、大人でも経験があるのではないでしょうか?ちょっとしたことですが、ポケットの有無によって使い勝手は各段に良くなります。

④安心して使える品質かどうか

レッスンバッグは日常で子供が使用するものである以上、頻繁な洗濯にも耐えられる丈夫さ、色落ちしにくさなどもチェックしましょう。子供の身近に触れるものとして発がん性リスクのある成分などが含まれていないかを確認する安全性検査が行われていれば、より安心して使えるでしょう。

年齢別のデザイン選びのポイント

レッスンバッグは、子供の年齢によってもデザイン選びのポイントが変わってきます。

【未就学児~小学校低学年はキャラクター系やカラフルなものが人気】

未就学児〜小学校低学年の子供には、カラフルな絵柄やキャラクターものが人気です。ただし、園や学校によってはキャラクター柄を禁止しているところもあるので注意が必要。小さな子供の場合、覚えやすいようにその他の小物と柄を統一するのもおすすめです。

【小学校中学年~高学年になるとシンプル&落ち着いたデザインが人気】

小学校中学年くらいになると、幼い印象のあるカラフルな絵柄よりも、シンプルなデザインを好む子が増えてきます。柄物でもチェック柄やストライプ柄など派手過ぎない柄を選ぶのがおすすめ。また、内外のポケットやマチなど、使い勝手や機能性を重視したバッグ選びが必要になってくるでしょう。

ネームタグが無い場合は名前付けの準備も忘れずに

ネームタグがない場合の名前付けの方法は、主に以下の4つです。入園・入学準備でレッスンバッグを用意する場合は、名前付けの準備も忘れないようにしましょう。
プライバシーが気になる場合は、名前を付ける場所にも注意してくださいね。

・ネームペン(油性ペン)で記名する

・お名前ワッペンやお名前シールを利用する

・名前を刺繍する

・名前を記入できるキーホルダーを利用する(園や学校によってはキーホルダーを禁止しているところもあるので要確認)

【男の子向け】おすすめレッスンバッグ5選

ここからはおすすめのレッスンバッグをご紹介。まずは男の子向けの商品です。

車の名前、いくつ言えるかな?
レッスンバッグ キルティング(ループ付き) アクセル全開はたらく車

カートに追加する

男の子に大人気の働く車柄のレッスンバッグ。
サイズは一般的な30cm×40cmで、本体は中綿入りのしっかりとしたキルティング素材、底布は丈夫なオックス生地で耐久性も申し分ありません。

中身の飛び出しを防ぐスナップボタン、机のフックに掛けるための短いループ、内側のネームタグ、防犯ブザーなどが付けられるDカンなど、使いやすいこだわりが詰まったデザインです。


シンプルで長く使える!
マチ付きキルティングレッスンバッグ(ループ付き) ディープネイビーXチェック大・紺

カートに追加する

無地とギンガムチェック柄のツートーンデザインがおしゃれなキルティングレッスンバッグ。
一般的な大きさのお道具箱が収納できるマチ付きなので、長期休暇前後の荷物の多い時期にもラクラク対応できます。

キレイなまま長く使える丈夫さと安全性確認済みの素材のみを使った品質の高さも大きな魅力です。
スナップボタンやネームタグ、フックに掛けても床につかないループ、名札などを付けられるDカン付きで機能性も◎。


雨・雪の日もへっちゃら!
はっ水レッスンバッグ 未来の惑星探査と宇宙船

カートに追加する

イタリア製テキスタイルプリンタによる美しい発色が目を惹く惑星&宇宙船柄のマチ付きレッスンバッグ。
雨や雪の日にも安心して使える。軽くて丈夫な「はっ水ラミネート生地」を採用しています。裏地もはっ水生地なので、中身を濡らす心配がありません。

開口部分は両開きのファスナーでしっかり閉められるので、荷物を守るだけでなくプライバシーの面でも安心して使えます。
同じシリーズでシューズバッグや巾着なども揃います。



荷物が多い日はラクラク斜め掛けできる!
はっ水レッスンバッグ マチ付きファスナー 恐竜ワールド

カートに追加する

取り外し可能なショルダーベルト付きのマチ付きレッスンバッグ。
軽量で丈夫な新素材を仕様しておりはっ水機能も付いているから、水や汚れに強く簡単にお手入れできるのが魅力です。
10cmのマチ&ファスナー付きで収納力も抜群、内外に便利なポケット付き。

男の子に大人気の恐竜柄で、お出かけが楽しくなること間違いなし!通塾などのお稽古バッグにもピッタリです。


大判の楽譜もラクラク!
縦型レッスンバッグ・音楽バッグ ブリリアントスター

カートに追加する

大小異なるブルー&ホワイトの星模様が爽やかな縦型レッスンバッグ。
マチの端部分をつまんで縫製し角を立たせることで崩れにくいフォルムを実現しているので、大判の楽譜や教本などをしっかり収納できるのが魅力です。

開口部は面ファスナー仕様、内側にはネームタグ&ポケット、取り外し可能なショルダーベルト付き。
外側はビニールコーティング、内側ははっ水加工が施されているので、悪天候の日でも中身を汚さずに持ち歩けます。

【女の子向け】おすすめレッスンバッグ5選

続いては、女の子におすすめのレッスンバッグをご紹介します。

大人可愛い小花柄でちょっぴりお姉さん気分♪
レッスンバッグ キルティング (ループ付き) フローラルミスト

カートに追加する

上品なピンク無地×小花柄が大人可愛いキルティングレッスンバッグ。
可愛いのは好きだけれど子供っぽすぎるのはイヤ!というおしゃれさんにもおすすめです。サイズは定番の30×40cmで、机のフックに掛けても床につかないループ付き。

中身が飛び出さないスナップボタン、防犯ブザーなどを付けられるDカン、内側ネームタグなど使いやすいポイントが満載です。


大好きなアリエルといつも一緒!
ディズニー マチ付きキルティングレッスンバッグ(ループ付き) / Ariel / THE LITTLE MERMAID

カートに追加する

女の子に大人気のアリエルと輝く海の世界が描かれたマチ付きレッスンバッグ。
裏地はしっかりしたキルティング素材、約10cmの幅広マチでお道具箱などの大きめの荷物もすっぽり収納できます。

デザインの可愛さだけでなく、堅牢性・安全性確認済みの素材のみを使用しておりクオリティも申し分なし。
丈夫でしっかりした縫製で、卒業までずっと使えます。


お稽古バッグに最適!
レッスンバッグ マチ付きファスナー リボンシルエット

カートに追加する

大人っぽいモノトーンのリボン柄がキュートなマチ付きファスナーレッスンバッグ。
マチをエナメルパイピングで補強してあるので耐久性も抜群で、通塾などのお稽古バッグとしてもおすすめです。

外側も内側もはっ水加工が施されているので、雨や汚れに強いのもポイント。
取り外しできるショルダーベルト付きで、重い荷物の時も安心です。


優雅な白鳥柄にうっとり!
LAURA ASHLEY レッスンバッグ マチ付き Swans

カートに追加する

上品でタイムレスな魅力を放つLAURA ASHLEYの生地を使用した、マチ付きレッスンバッグ。
アンティーク絵画に描かれた白鳥からインスパイアされた、優雅なスワン柄が上品な可愛らしさを演出してくれます。

9cmのマチ付き&ショルダーベルト付きで、荷物が多い日も安心。
荷物を入れても型崩れせずキレイに持てる無地の11号帆布生地と柄生地の二重仕立てで、強度・耐久性もバッチリです。
中学生、高校生になってもずっと使えるデザイン。


ピアノなどの習い事に!
縦型レッスンバッグ・音楽バッグ マルシェドパリ

カートに追加する

楽譜などの大判サイズも入る縦型レッスンバッグ。
マチの端部分をつまんで縫製してあるので型崩れしにくく、大判の楽譜などをしっかり収納できるのがポイントです。
内側には必需品を入れられるポケット付き。

外側ははっ水ビニールコーティングが施され、内側ははっ水生地を使用しているので、お手入れもラクラク。
ピアノや絵画などの習い事におすすめです。

レッスンバッグは用途や年齢に合わせて最適なものを選ぼう

入園・入学時に準備するレッスンバッグは、縦30cm×横40cm・持ち手を合わせた高さが40cm以内が目安。
さらに中に入れる荷物の種類や使うシーンに合わせ、素材やデザイン、機能性もしっかりチェックしましょう。

今回取り上げたアイテムはどれもネット購入できるので、ぜひお子さんと一緒にお気に入りのバッグを見つけてみてくださいね。

前の記事 かぶるだけが人気?【男の子・女の子別】おすすめキッズエプロン10選!
次の記事 やっぱり読書はスゴかった! 「賢い子どもの6つの習慣」について伸学会・菊池代表に聞きました(3)

コメント

コメントは表示される前に承認が必要です

*必須フィールド